税理士法人 鳥山会計 求人募集
 
 
鳥山会計代表 鳥山昌則氏インタビュー
 

 

 

本日は、税理士法人鳥山会計の求人募集に関し、その狙いや戦略、今後の展開、あるいは鳥山会計に入社することで得ることのできるメリットといったものを、鳥山代表にお聞きいたします。

また、実際に在籍する社員の方のインタビューも合わせて行わせていただき、現場の生の声も引き出せたらと思います。

 

鳥山会計は、現在志木のオフィス以外に、池袋や銀座にもオフィスを構え、川越にもオフィス新設と伺っています。

今回の求人にあたり、鳥山会計の現状と求人の目的をお教えいただけますか?

 

ー鳥山ー

 

まず、今回の求人募集は、主に志木、そして川越オフィスです。

正社員だけでなくパートの方の募集も同時に行います。

鳥山会計は、「お客様と運命共同体」であることを謳い、毎年着実にお客様が増えています。

今回の募集は、まさに顧客増による社員の増員です。

 

お一人お一人・一社一社のお客様にきめ細かいサービスの提供を維持するためには、更に人を増やす必要があります。

そして鳥山会計には仕事がたくさんありますので、入社される方は「自分がやりたいこと」をやれる可能性が非常に高い。

たくさんの応募を期待していますね。

 

 ー 

 

お客様が増えているということですが、やはり今回の募集の対象である志木を中心とした増加なのでしょうか?

 

ー鳥山ー

 

お客様は、志木も東京も毎年着実に10%以上増えているのです。

最近では横浜方面のお客様も増えています。

いずれ、横浜にもオフィスを構えないといけないかな、と思っています(笑)。

 

これは弊社の戦略の一つである支店戦略・自社ビル戦略なのですが、最初のお話にありました通り、志木以外に池袋、銀座、そして新たに川越にもオフィスを構える予定です。

様々な場所にオフィスを構えることで、幅広いお客様を獲得でき、お客様の利便性も高まり、そして社員の選択肢も増える、良いことがたくさんあります。

 

将来的には「のれん分け」制度のようなことができることも目指しています。

そのためにも優秀な、やる気のある人材が必要なのです。

鳥山会計は、昨年創立30周年を迎え、さらに大きく羽ばたこうとしているのです。

 

  

ー 

 

人材募集というと、やはり応募される方は「待遇」や「やりがい」、また会計事務所ということでキャリアを積むにあたっての「資格取得」、そして大事なポイントの「休日」(笑)があると思うのですが、その辺は今後も含めて、どのようにお考えですか?

 

ー鳥山ー

 

実は「休日」は今まで以上に増やそうと思っています(笑)。

会計事務所という関係上、繁忙期と比較的時間のある時期があるのですが、例えば半日程度、全社員一律で休日を増やすようなことを考えているのです。

 

「待遇」面ですが、弊社はボーナスを年に4回支給しています。この比重と回数をさらに増やそうと考えています。

 

またきちんとした退職金制度を早急に作ります。

それと、これは近々実施するのですが、「65歳の定年制度」を廃止しようと思っています。

もちろん65歳で辞めることも可能ですが、健康で希望すればずっと勤められる、あるいは嘱託として働き続けることができる、そのような道を作ってあげることで、社員が安心して働き続けられると考えているのです。

 

資格取得に関しては、現在金銭面での援助はありませんが、「勉強時間の補助」を行っています。

資格取得のためには学校に通わなければなりませんが、そのための時間を実務を切り上げてでも確保してあげられるようにしています。

もちろん、資格手当てや受験者の金銭面の補助も考えています。

 

 

今回の募集は正社員とパートの募集ということですが、鳥山代表としてはどのような人材を求めていますか?

 

ー鳥山ー

 

正社員、パートのどちらにも言えることですが、実務に専念できる方が欲しいですね。

もちろん、未経験の方でもよいのですが、まずは経験者がいい、そして年齢はあまり関係ない、若手でなくてもいいのです。

先ほど、支店戦略、のれん分けと言ったことを述べましたが、鳥山会計でキャリアを積めば、独立のチャンスもあります。

資格取得のサポートも手厚くしていきます。

 

そういう意味では、「欲のある人」がいいですね(笑)。

「やりたいこと」があって「こうなりたいという欲」や「こうしたいという欲」がある方には、それに報いてあげる、それがこれからの鳥山会計です。

  

ー 

 

人材募集に関し、募集される方へのアピールと申しますか、鳥山会計あるいは鳥山代表ご自身のことを知っていただくようなものはございますか?

 

ー鳥山ー

 

振っていただいてありがとうございます(笑)。

 

私は、税理士の他に、行政書士、宅建、調理師、不動産投資コンサルタントといった資格を持っていますが、他の名前も持っています。

それは、「闘う税理士」「税理士大家」です。

資格ではありませんが(笑)。

 

闘う税理士ということでは、最近も著作を出しました。

「税務署との交渉術」という本ですが、これを読んでいただけると私の人となりがお分かり頂けると思いますね、すべて私が実際に経験した内容ですから。

 

税理士大家ということでは、私は現在100億円の賃貸不動産を所有し、80億円の借金で自らの相続制を0にし、消費税還付をバンバンとやっております。60棟600戸のオーナーでもあるのですが、実践する税理士として定評があります。

サイトを作っていますので、そちらをぜひご覧いただきたいです。

 

ー 

 

本日はありがとうございました。

 

 
鳥山会計課長 今村章吾氏インタビュー
 

 

ー インタビュアー ー

 

税理士法人鳥山会計の求人募集に関し、実際に在籍する社員の方の代表として、今村章吾課長にインタビューさせていただきます。

今村課長、よろしくお願い致します。

 

今村課長は、鳥山会計での在籍は何年くらいになるのでしょうか?

 

ー今村ー

 

私は、大学院を卒業してすぐに新卒として鳥山会計に入社しました。今年で8年目になります。

業務をこなしながら、資格取得の勉強もして、2年前に税理士試験に合格しました。

 

 

お仕事はどの分野を担当されていますか?

 

ー今村ー

 

実務の部分では、顧客として法人のお客様40%、個人のお客様50%くらいの割合で担当しています。

残り10%が相続税の申告業務などに携わっています。

また、内部人材募集の担当でもあります。

 

 

鳥山会計で働くことのやりがいと言ったものはありますか?

 

ー今村ー

 

鳥山代表を筆頭に、専門知識の豊富な方が多く在籍しているので、「専門知識の習得「と「たくさんの経験を積めるということ」が大きいと思います。

興味のある分野の専門性をさらに高めていきたいと思っているので、そういう意味では、快適な職場だと思っています。

 

将来的には、支店を任せてもらえるくらいの専門知識を持ちたいと思いますね。

さらに欲を言えば、独立できる(笑)くらいのキャリアを積みたいと思いますし、鳥山会計で働くことでそれが可能だと考えています。

 

 ー

 

今回の募集に関し、入社される方に期待することはありますか?

 

ー今村ー

 

やはり一番は「やる気」ですね、そして責任感の強い方がいいです。

会計の仕事は多岐にわたりますし、最後までやり通せる強い意思が必要ですので。

 

即戦力の方に来ていただけるのが一番ですが、経験は問わないので、ともに鳥山会計をさらに発展させていける若い方にも来て欲しいですね。

今回の募集は、正社員も税務会計スタッフ、一般会計事務、税理業務補助とありますし、同時に一般事務としてパートの方も募集しています。

幅広く、多くの方の募集を期待しています。

 

 

本日はありがとうございました。

 

 
鳥山会計主任 田多井稚久磨氏インタビュー
 

 

ー インタビュアー ー

 

続きまして、田多井主任にインタビューさせていただきます。

田多井主任、よろしくお願い致します。

 

田多井主任は、鳥山会計在籍は何年くらいになるのでしょうか?

 

ー田多井ー

 

私は、一昨年の2015年の4月にハローワークを通じて入社しました。

まだ、2年と少しです。

 

 

お仕事はどの分野を担当されていますか?

 

 

ー田多井ー

 

主任という立場で、決算等の実務、月次処理といった業務に加え、アシスタント的な部長補助という仕事もあります。

また、私は現在税理士試験の勉強中です。

 

 

お仕事をこなしながらの試験勉強というのは大変なのではないですか?

 

ー田多井ー

 

楽ではありませんが、鳥山会計では資格試験を目指す人には、受験者サポートとして早帰りの制度があるので勉強の時間は比較的取りやすいと思います。

専門学校に通っているので、どうしても通学などの「時間」が必要になりますので。

 

実務と試験勉強では、もちろん実務の方が比率は高いのですが、その分、机上だけでは付けられない力がついていっていると感じます。

前職は鳥山会計に比べると小規模でやれることが少なかったのですが、ここ鳥山会計での仕事は幅が広く、知識の習得と経験を積んでいけていると思います。

 

 

今回の募集に関し、入社される方に期待することはありますか?

 

ー田多井ー

 

期待といいますか、税理士試験の勉強を共にできるような方が入ってこられると嬉しいですね。

仲良しクラブを作るつもりではなく(笑)、要するに「税理士試験の勉強のライバル」です。間違いなくモチベーションがアップすると思います(笑)。

 

さらに欲を言えば、実務にも強いという方ですね、人が足りないのは事実なので。

どのような方が入社されるか楽しみです。。

 

 

本日はありがとうございました。

 

 
池袋オフィス支店長 松本秀男氏インタビュー
 

 

ー インタビュアー ー

 

税理士法人鳥山会計池袋オフィスの求人募集に関し、税理士でもある松本秀男支店長にインタビューさせていただきます。

松本支店長、よろしくお願い致します。

 

松本支店長は、どういった経緯で鳥山会計に入られたのでしょうか?

 

ー松本ー

 

私は、もともと個人で税理士として活動していたのですが、テレビで鳥山会計代表である鳥山氏を偶然拝見し、説得力がありエネルギッシュで、しかし変わったお話をする方だ(笑)と思っていたのです。

その後すぐに税理士会を通じて面接をすることになり、入社に至りました。テレビを見たのは本当にたまたまなのですが。

 

 

多くの経験を積まれて支店長という立場になられたと思うのですが、支店長ということでは多方面に目を配らなけれならないと思います。池袋オフィスでのお仕事は、主にどういったことをなさっていますか?

 

ー松本ー

 

私は税理士でもありますので、税理士としての実務も当然あります。支店長ということでは、人事や経理などオフィス全体の管理があります、また今回のような人材募集に関わるところまで関わり、全てに目配り・気配りしていますね。

 

 

今回の募集で、入社希望者の方に、鳥山会計、特に池袋オフィスで働くことを宣伝するとしたらどのようなことがありますでしょうか?

 

ー松本ー

 

池袋オフィスももちろんですが、鳥山会計は仕事が多岐にわたり、仕事にやりがいを感じられるということが一番大きいと思います。

コミュニケーションも良好で、役職が上の人間が下の人間の悩みを自然に聞いてあげられるような雰囲気があると思います。

さらに池袋オフィスについて言えば、とにかく明るい職場であることですね。

池袋オフィスを起点に、鳥山会計を盛り上げていきたいと思っていますので、やる気があって元気な方に入ってきて欲しいと思います。

 

 ー

 

今回の募集に関し、入社される方に期待することはありますか?

 

ー松本ー

 

会計事務所というと硬いイメージがあると思いますが、「物怖じしない、チャレンジをする方」がいいですね。

仕事がかなり増えてきていますので、正社員として入社して頑張ってくださる方が欲しいので、会計事務所の経験はなくてもいいと思っています。

あるに越したことはありませんが。

やはり入社してからどれだけ頑張ってくれるか、です。

やる気を持って入社いただける方には、そのやる気をさらに伸ばせる環境がありますと言いたいですね。

 

幅広く、多くの方の募集を期待しています。

 

 

本日はありがとうございました。

 

 
鳥山会計主任 中村渉氏インタビュー
 

 

ー インタビュアー ー

 

続きまして、池袋オフィスの中村渉主任にインタビューさせていただきます。

中村主任、よろしくお願い致します。

 

中村主任は、鳥山会計在籍は何年くらいになるのでしょうか?

 

ー中村ー

 

まだ、2年と少しです。私の経歴はちょっと変わっていて、大学を卒業後、一旦社会人になって、それから大学院に入りなおし、それから税理士の勉強を始めていたところ、東京税理士会を通じて鳥山会計代表からお電話をいただいたのです。それで、鳥山会計にお世話になることにしました。

 

 

お仕事はどの分野を担当されていますか?

 

 

ー中村ー

 

主任という立場で、決算等の実務、月次処理といった業務ですね。もちろんアシスタント的な仕事もあります。

 

 

中村さんは鳥山会計では若手だとおもうのですが、仕事はいかがですか?

 

ー中村ー

 

鳥山会計の仕事はやりがいがありますね。

というのも鳥山会計では、自分がやりたいなと思う仕事ができることが多いのです。先輩たちが、良い意味で仕事を振ってくれるのです、「こういう仕事があるけど、やってみない?」という感じで。

信頼されているとも感じますし、やる気が出ますね。

 

私の目標は、一つの案件を「一人で全てできるようになる」ことです。そのためには勉強しなければならないことも多いのですが、実務をこなしながら頑張っています。

 

 

今回の募集に関し、入社される方に期待することはありますか?

 

ー中村ー

 

鳥山会計はたくさんの仕事がありますので、大変ではありますが、個人的には「仕事は楽しくやりたい」と思っています。

鳥山会計は、比較的年齢層が高く、信用・信頼できる・学ぶべきことが多い方が揃っています。そういう環境下で、共に学びながら楽しく仕事をこなしたいという意味で、若い方に入って欲しいですね。どのような方が入社されるかとても楽しみです。

 

 

本日はありがとうございました。

 

 
税理士法人 鳥山会計 求人募集